宅配水の歴史とは?

宅配水って今では馴染みのある言葉になりましたが、いったいいつからできたのか考えてみたことはありますか?宅配水ができたのは、約30年前と言われています。
もとは業務用としてオフィスなどに設置されていることが多かったんです。
オフィスのお茶出し用に用意されていたんですね。
そして、最近になり健康志向が高まり、水にもこだわろうという意識が出てきたんです。
そこで、いろんな産地で採れた水やブランドを挙げると売り上げが伸びるようになり、いろんなメーカーから宅配水が登場するようになったんです。
いつのまにか家庭用として宅配水が定着してきたんですね。
でも、おかげで健康を意識することができるようになったので、よかったのではないかと思います。
ウォーターサーバー安全性もフレシャスが圧勝?【チャイルドロック比較】